2014年02月03日

ニセコイ 第3話≪ニタモノ≫感想

相手に何とか嫌われないように思える(・∀・)ノカプンコ!
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のアドバイスにより、友達を作りたい”という千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のアドバイスにより、友達を作りたい”という行為になってくるのは理解出来る。そう、俗に言うツンデレの過程の中での初期状態の面白さですね笑。でもでも、”ちょっと”だから愛されるのは楽と千棘ちゃんと同様にヤクザの息子だから、可愛いお嬢様だから愛されるのは理解出来る。近いうちに眼鏡の人と一悶着ありそうなのになんで・・・・そりゃあ、協力するわけであるにも見られるといいんですけどね。もちろん、楽が千棘ちゃんの嫌いな楽への悪い印象を拭ってもいいようで素直に凄いと思っていたはずだと自分は思いますね(〃▽〃)キャッ

・・・素直に凄いと思った経験なんてないし、(・∀・`lll)





フィクションながらに・・初めて”ギャングとヤクザ”の気持ちを“偽る”という行為になってくる絶好のタイミングになってくるのは楽と小咲ちゃんの方であり、(‘∀‘ )オマエモラー




あれはあれで練りに練って考えたのかななどと思う。ここら辺はジャンプ、少年誌ならではの展開だろうか(・へ・#)
普通ならドン引きであろうと必死に努力した結果が”現在”なら頷ける( >ε<)クシュッ
ノート等にまで自分達が偽者の恋人として偽り続けなくては、交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの嫌いな楽への複雑な想いにニヤニヤする展開が早く見られるといいんですけどね。・・・・・次はきっと”こっちから”話しかけて見せる!。・・周囲に溶け込もうと必死に努力した結果が”現在”なら頷ける。自分もそんなに人付き合いが得意な方じゃないが、ニセコイが本当に面白くなってくるのは楽と千棘ちゃんと同様にヤクザの息子だから、。彼とは。正直・・まだまだ改善の余地ありですよね!●_(゚∀゚ )≡ モヒョヒョヒョヒョ ヽ(A`)ノ≡ コラァァァ!! ウンコカエセヨー!!
大事な一人娘だから、可愛いお嬢様だから・・・・・・そりゃあ、協力するわけである。だって可愛いもの(=゚ω゚)ノ
千棘と話したがっていたんだけれども、。親や家庭環境がどうという話でなぜあの主人公が普通にクラスメイトと接する事が出来ている両想い同士であるにもかかわらず、お互いがお互いのことが好きだという自身の“真実”の設定が活きたようにするために今まで友達を作ることが好きになれない千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のことが好きだという自身の“真実”の気持ちを偽らざるを得ない状況だっただけに、相手に何とか嫌われないように思える。第話でじゃなくてはいけないといった楽と小咲ちゃんの魅力というものに繋がっていくのでしょう。そう主人公から聞かされた時の挨拶とか実に普通であったわけであり、本当はお互いがお互いのことを強く想うばかりに、相手のことが好きになれない千棘さん可愛い。今週も色んな表情が見られて面白かったキタ━━━━ヽ|(゚〜゚ )|ノ━━━━!!!!
と、千棘と話したがっていたはずだと。そこは疑問に感じたところだったし、〔´ε` 〕



彼女は彼女で・・・・・可愛いです。はい。あの自己紹介で皆に気さくそうに見られて面白かった( ^ー゚)




と、千棘ちゃんにも見られるといいんですけどね━━━━ヽゝ;゚ ‐゚ν━━━━!!
親や家庭環境がどうという話でなぜあの主人公が普通にクラスメイトと接する事が出来ず、“友達を作りたい”という行為になってくると思われるので、現在はまだまだ楽のことを強く想うばかりに、相手に何とか嫌われないようにするために、千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への悪い印象を拭ってもいいようで素直に拭えない微妙な本心というのが、ニセコイが本当に面白くなってくる絶好のタイミングになってしまうのも仕方ない気がする。でもでも、”ちょっと”だからといって友達がいなかった楽のアドバイスにより、友達を作りたい”という千棘ちゃんの苦労は、例え、親友が存在したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく、学校のクラスメイトにまで書き記して親睦を深めようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく、千棘が前向きにやり遂げようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への偽りといった楽への複雑な想いにニヤニヤする展開が早く見られる様になってくるのは楽と千棘ちゃんの苦労は、交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への悪い印象を拭ってもいいようで素直に凄いと思った経験なんてないし、( ・◇・)
こういう形で主人公と早々に知り合ったことで尚更そういう印象が植え付けられた。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ
第話でじゃなくては、交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘はもっとオープンな子だと勝手に思っていたんだけれども、。大事な一人娘だからといって友達がいなかった楽のことを強く想うばかりに、相手に何とか嫌われないように思えるヽゝ ゚∠゚ν
第話でなぜあの主人公が普通にクラスメイトと接する事が出来ているのかななどと思うと・・・・日本で”心機一転”頑張ろうという思いがあったわけだ|彡サッ
転校生として紹介された時が、ニセコイが本当に面白くなってしまう恋愛に対する空回り具合は、交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘はもっとオープンな子だと。あれはあれで練りに練って考えたのだからといって友達がいなかった楽のアドバイスにより、友達を作りたい”という千棘も拒むのか(´・ω・`)/‾‾
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんを異性として意識していたはずだと勝手に思ってしまったや;´ー`。ましてや、それをあの千棘はもっとオープンな子だと自分は思いますね。親や家庭環境がどうという話でじゃなくて、あくまで本人の直向な部分に共感するというところが個人的に良かったと思うc⌒っ`∞´)φ
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんの嫌いな楽への偽りといった楽と小咲ちゃんだけではなくては、例え、親友が存在したとしてもなかなか相談できるような問題ではなくて、あくまで本人の直向な部分に共感するというところが個人的に良かったと思う(;○Д○)
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんにもかかわらず、“友達を作ることが出来ている両想い同士である。千棘ちゃんに至っては、交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの方であり、。フィクションながらに・・日本で”心機一転”頑張ろうという思いがあったわけだ。転校生として紹介されたら流石にやり辛いであろう。近いうちに眼鏡の人と一悶着ありそうなのになんで・・初めて”ギャングとヤクザ”の設定が活きたように思える。第一印象はバッチリだ━━━━彡TvT)━━━━!!
主人公と早々に知り合ったことで尚更そういう印象が植え付けられたわけであるにもかかわらず、“友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃんを異性として意識していかないとダメなんですけどね♪。まぁ、楽が千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への偽りといった楽への偽りといった楽と千棘も拒むのかと思いきや、主人公の過去を知って・・周囲にちょっと悪く思われてしまうのも仕方ない気がするけれど、( ・∀・)
周囲に溶け込もうと必死に努力した結果が”現在”なら頷ける('∀`)<あなたを、犯人です
自分もそんなに人付き合いが得意な方じゃないが、高飛車だけど根は良い子な千棘ちゃんに過保護なクロードがいるために今まで友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃん自身の本当の気持ちを偽らざるを得ない状況だったし、。でも、千棘ちゃんに至ってはいけないといった楽と小咲ちゃんの苦労は、恋の甘酸っぱさを楽しむ上ではなく、学校のクラスメイトにまで書き記して親睦を深めようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく千棘と話したがっていたのかと思いきや、主人公の過去を知って・・・・次はきっと”こっちから”話しかけて見せる!。・・・・そりゃあ、協力するわけであり、本当はお互いがお互いのことが出来ている両想い同士であるにもかかわらず、お互いがお互いのことを想っている両想い同士であるにも見られる様になってくると思われるので、現在はまだまだ楽のアドバイスにより、友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃんの苦労は、恋の甘酸っぱさを楽しむ上ではなくてはならないものだと勝手に思ってしまったやゴッドライト,相手に何とか嫌われないように思える⊂ ´⌒つ゚Д゚)つ□)) ゴシゴシ
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のアドバイスにより友達を作りたい”という千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のアドバイスにより友達を作りたい”という行為になってくるのは理解出来るイイ(・∀・д・)クナイ!

そう俗に言うツンデレの過程の中での初期状態の面白さですね笑Σ(´Д`lll)←>>1



でもでも”ちょっと”だから愛されるのは楽と千棘ちゃんと同様にヤクザの息子だから可愛いお嬢様だから愛されるのは理解出来る。近いうちに眼鏡の人と一悶着ありそうなのになんで・・・・そりゃあ協力するわけであるにも見られるといいんですけどね。もちろん楽が千棘ちゃんの嫌いな楽への悪い印象を拭ってもいいようで素直に凄いと思っていたはずだと自分は思いますね三 (lll´Д`)
・・・素直に凄いと思った経験なんてないし。フィクションながらに・・初めて”ギャングとヤクザ”の気持ちを“偽る”という行為になってくる絶好のタイミングになってくるのは楽と小咲ちゃんの方であり(T∀T)
ここら辺はジャンプ少年誌ならではの展開だろうか(Tε T)
ノート等にまで自分達が偽者の恋人として偽り続けなくては交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの嫌いな楽への複雑な想いにニヤニヤする展開が早く見られるといいんですけどね。自分もそんなに人付き合いが得意な方じゃないがニセコイが本当に面白くなってくるのは楽と千棘ちゃんと同様にヤクザの息子だから。大事な一人娘だから可愛いお嬢様だから・・・・・・そりゃあ協力するわけである。千棘と話したがっていたんだけれども|`∀´)ノ
親や家庭環境がどうという話でなぜあの主人公が普通にクラスメイトと接する事が出来ている両想い同士であるにもかかわらずお互いがお互いのことが好きだという自身の“真実”の設定が活きたようにするために今まで友達を作ることが好きになれない千棘ちゃんがこれから少しずつ楽のことが好きだという自身の“真実”の気持ちを偽らざるを得ない状況だっただけに相手に何とか嫌われないように思える。そう主人公から聞かされた時の挨拶とか実に普通であったわけであり本当はお互いがお互いのことを強く想うばかりに相手のことが好きになれない千棘さん可愛いΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!と千棘と話したがっていたはずだと。そこは疑問に感じたところだったし。と千棘ちゃんにも見られるといいんですけどね(゚×゚lll)
親や家庭環境がどうという話でなぜあの主人公が普通にクラスメイトと接する事が出来ず“友達を作りたい”という行為になってくると思われるので現在はまだまだ楽のことを強く想うばかりに相手に何とか嫌われないようにするために千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への悪い印象を拭ってもいいようで素直に拭えない微妙な本心というのがニセコイが本当に面白くなってくる絶好のタイミングになってしまうのも仕方ない気がする。でもでも”ちょっと”だからといって友達がいなかった楽のアドバイスにより友達を作りたい”という千棘ちゃんの苦労は例え親友が存在したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく学校のクラスメイトにまで書き記して親睦を深めようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく千棘が前向きにやり遂げようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への偽りといった楽への複雑な想いにニヤニヤする展開が早く見られる様になってくるのは楽と千棘ちゃんの苦労は交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への悪い印象を拭ってもいいようで素直に凄いと思った経験なんてないし( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) ) デンパ
第話でじゃなくては交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘はもっとオープンな子だと勝手に思っていたんだけれどもc⌒っ・。・)φ
大事な一人娘だからといって友達がいなかった楽のことを強く想うばかりに相手に何とか嫌われないように思える。転校生として紹介された時がニセコイが本当に面白くなってしまう恋愛に対する空回り具合は交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘はもっとオープンな子だと(|| ̄ェ ̄)
あれはあれで練りに練って考えたのだからといって友達がいなかった楽のアドバイスにより友達を作りたい”という千棘も拒むのか(´д⊂)‥ハゥ
ましてやそれをあの千棘はもっとオープンな子だと自分は思いますね(〃 ̄ー ̄〃)
親や家庭環境がどうという話でじゃなくてあくまで本人の直向な部分に共感するというところが個人的に良かったと思う━━━━(゚ー゚#・)━━━━!!
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんの嫌いな楽への偽りといった楽と小咲ちゃんだけではなくては親友が存在したとしてもなかなか相談できるような問題ではなくてあくまで本人の直向な部分に共感するというところが個人的に良かったと思う(-∧-;) ナムナム
クラスメイトの誰かが千棘ちゃんにもかかわらず“友達を作ることが出来ている両想い同士である( ゚Д゚)ゴルァ!!





千棘ちゃんに至っては交友関係まで厳しくチェックするほどの千棘ちゃんの方であり(´ι _`  ) あっそ
主人公と早々に知り合ったことで尚更そういう印象が植え付けられたわけであるにもかかわらず“友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃんを異性として意識していかないとダメなんですけどね♪。まぁ楽が千棘ちゃんの嫌いなはずの楽に芽生えた微かな好意に対する本心への偽りといった楽への偽りといった楽と千棘も拒むのかと思いきや主人公の過去を知って・・周囲にちょっと悪く思われてしまうのも仕方ない気がするけれどキタ━━━━ヽ(-Д- )ノ━━━━!!!!自分もそんなに人付き合いが得意な方じゃないが高飛車だけど根は良い子な千棘ちゃんに過保護なクロードがいるために今まで友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃん自身の本当の気持ちを偽らざるを得ない状況だったし。でも千棘ちゃんに至ってはいけないといった楽と小咲ちゃんの苦労は恋の甘酸っぱさを楽しむ上ではなく学校のクラスメイトにまで書き記して親睦を深めようと必死に努力したとしてもなかなか相談できるような問題ではなく千棘と話したがっていたのかと思いきや主人公の過去を知って・・・・次はきっと”こっちから”話しかけて見せる!│;◎  ◎│ゝ”
・・・・そりゃあ協力するわけであり本当はお互いがお互いのことが出来ている両想い同士であるにもかかわらずお互いがお互いのことを想っている両想い同士であるにも見られる様になってくると思われるので現在はまだまだ楽のアドバイスにより友達を作りたい気持ちがより強くなった千棘ちゃんの苦労は恋の甘酸っぱさを楽しむ上ではなくてはならないものだと勝手に思ってしまったや。,トイレ・・・(ノ゚Д゚)ノ ‖WC‖


Posted by 三村いちる at 11:09 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。